たくさんの種類がある低用量ピルから自分にあったものを選ぼう

知っておきたい!低用量ピルの種類

低用量ピルは数多くの種類がありますが、ホルモンの配合量ホルモンの種類、服用方法などでいくつかの種類に分類することができます。

基本的には、どの低用量ピルも避妊効果や生理トラブル解消などの効果が得られますが、種類によって体へ負担などの大きさも
変化するので、自分に合った低用量ピルを見つけて使っていくことが、長く使い続けるための秘訣と言えます。

ピルの世代による違いはホルモンの種類が違う

低用量ピルには世代という分類法があります。
ピルに配合されている黄体ホルモンの違いによって、第一世代から第四世代まで分類されています。

第1世代ピル

1960年代に作られた古いタイプのピルで、黄体ホルモンの種類は「ノルエチステロン」です。
第1世代ピルの中でも代表的なものとしては、オーソやルナベル、シンフェーズやノリニールなどがあります。

低用量ピルの中でも比較的黄体ホルモンが多いため、副作用であるアンドロゲン作用(男性化症状)が弱いという特徴を持っています。

第2世代ピル

使用されている黄体ホルモンが「レボノルゲストレル」の低用量ピルが第二世代のものになります。
現在、国内でも処方されている「トリキュラー」や「アンジュ」が第二世代の代表的な低用量ピルといえます。

第2世代ピルは、高い効果を得られますが、アンドロゲン作用が起こりやすいとされているため、ホルモンの投与量を徐々に変化させ副作用の発症を抑えられる二相性ピルや三相性ピルがメインになっています。

第3世代ピル

「デソゲストレル」と呼ばれる黄体ホルモンを用いている低用量ピルが第三世代です。
第三世代の低用量ピルはアンドロゲン作用が起こることはほとんどありません。
そのため、他の世代に比べ安全性は高いと言えます。
また、国内で処方されている「マーベロン」などがこの第三世代の低用量ピルになります。

こちらの第三世代のピルは、今までの世代の欠点を改善しながら作られたピルであるため、比較的安心して使えるというメリットがあります。

第4世代ピル

第四世代のピルは最も新しく開発されたもので「ドロスピレノン」という黄体ホルモンが使用されています。
こちらのピルは低用量ではなく、更に卵胞ホルモン量が少ない超低用量ピルと呼ばれる種類のものになります。
第3世代ピルに比べると、ホルモンバランスの変化による副作用が少なく、今まで低用量ピルで副作用を感じていた方でも安心してご使用しただけます。
第四世代の超低用量ピルとして、日本でも処方されているものとしては「ヤーズ」があります。

多くの場合、新しく発売されている種類の方がいいという意見もありますが一概にそうとも言い切れません。

世代によって副作用が起こりやすいものと起こりにくいものがありますし、副作用が起こるかどうかは体質や体調も大きく関係しています。

そのため、どれが合っているかは試さなければ判断できません。

実際に服用する前に、どんなピルなのか知りたい場合は、口コミサイトやピルのランキングサイトなどを活用してみんなの意見をチェックしてみると良いでしょう。
また、向き不向きがよくわからないという場合には、病院へ行ってどんなピルが合っているのかお医者さんへ確認するのも一つの方法です。

世代とも違う分類法、相性(そうせい)ってなに?

低用量ピルは相性という方法でも分類することが可能です。
相性というのは、ピルに配合されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンの比率の違いを表していて、現在では一相性から三相性まで3種類に分類されています。

一相性ピル

低用量ピルの全ての錠剤に配合されているホルモン量が変わらず一定のものが一相性のピルとなります。
21錠全てが同じホルモン量を配合しているため、服用する順番が無いので、簡単に使えるというメリットがあります。
こちらの一相性ピルには「マーベロン」や「ルナベル」などが挙げられます。

二相性ピル

21錠のホルモン量の配合が、前半部と後半部で1度変化するのが二相性になります。
前半と後半でホルモンの配合量が2倍近く違っていたりするので、服用する順番に気を付ける必要があります。
その代わり、前半はホルモン配合量が少なく、副作用のリスクが軽減されています。
逆に、前半に後半に飲むべき錠剤を服用してしまうと、ホルモン量が急激に変化するため強い副作用に見舞われる可能性も有ります。
そのため、飲む順番が重要になってきます。

現在、二相性ピルが使われているケースというのはほとんどありません。
その理由は、後述する三相性のピルの方が二相性に比べ副作用も弱く安全なためです。

三相性ピル

1シート上の錠剤ホルモン配合量が3段階に変化するのが三相性のピルです
製薬会社によってホルモン配合量であったり、変化のタイミングや変化ごとのホルモンの配合量の違いが異なっているため、まずは医師に処方してもらうことをおすすめします。
二相性ピルと同じように、各錠剤のホルモン配合量が違うので、順番を守って服用する必要があります。

また、二相性はホルモン配合量が増えるものしかなかったのに対し、三相性は増えるもの、減るものとバリエーションが豊富になっています。
1段階ずつホルモン量が増加しているタイプは漸増型、2段階まではホルモン量を増加して3段階目に減少させているのは中間増量型と呼ばれます。

三相性ピルの中でも代表的なものは「トリキュラー」や「シンフェーズ」が挙げられます。

相性と世代、それぞれのピルで特徴は違っていますし、人によってどれが合うかも変わります。
そのため、どのピルが一番いいのかは人によっても全然違います。
飲み忘れしまったり、順番を間違えてしまいそうという方は一相性を
少しでも副作用のリスクを抑えたいと考えているのであれば三相性というように使い分けましょう。

人それぞれぴったりなピルは違いますので、しっかりと確認してから服用するようにしましょう。

低用量ピルの種類まとめ!

ピルの分類は、世代と相性!
世代は、配合されている黄体ホルモンによって変化し、相性は配合うされているホルモン量の変化の段階数によって変わります。
この二つを覚えておくことで、自分に合う低用量ピルがどれなのかを選ぶときに、役立つようになるでしょう。