低用量ピルをネットの通販で買う方法とは!?初めてでも安心の個人輸入代行

使い方が分からない女性低用量ピルを通販で購入できるなら、少し使ってみたい!
そのように考える人は少なくないでしょう。
実際、私自身も初めて使おうと思ったときはそういった動機でした。

実際にピルを使ってみようと思っても、婦人科に行って処方してもらうというのは恥ずかしいものです。
ですが、ネット通販ならその恥ずかしさは一切ないですし、自宅や外出先から簡単にポチポチッとするだけで自宅にまで
低用量ピルを届けてくれるので、使ってみる価値は充分にあるでしょう。

ですが、実際に使ってみようと思っても、使い方が分からないし不安となるのもあると思います。
誰だって慣れてしまえば、当たり前のように使えますが、初めての時は不安なものでしょう。
ですから、ここでは簡単に低用量ピルを通販で購入するときの手順などを紹介していきますので、初めて低用量ピルを通販で購入しようと考えている方は
是非参考にしてみてください!

個人輸入代行サービスを利用する方法とは?!

とても便利な低用量ピル通販ですが、その利用方法は簡単なのでしょうか?

これは、慣れの部分もありますが基本的な利用方法は非常に単純です。

特に、今までにネット通販サイトを一度でも利用したことがあるという人にとってはその傾向は強くなります。

基本的なサービスの利用方法は、ネット通販サイトと個人輸入代行サイトで大きな違いはありません。

利用の流れは

利用する個人輸入代行サイトを開く

目的な個人輸入代行を行っているサイトを開きましょう。
現在では非常にこうしたサービスを行うサイトも非常に多くなっているので、口コミや評判などの情報を使った事前調査は役立ちます。

欲しい商品を検索して見つける

通販サイトを開いたら、欲しい商品を探します。
ここでは参考例として低用量ピルのトリキュラーを購入することにします。
利用するサイトによって、商品名を検索しないと行けなかったり、単純に商品をカテゴリ分けしているところもあります。
商品名を検索しなければならないところの場合は、検索するための検索フォームがあるので「トリキュラー」と入力して検索します。
カテゴリ分けされている場合、低用量ピルのトリキュラーであれば「ピル」「避妊薬」「低用量ピル」といったカテゴリに入っているはずなので、当該カテゴリをクリックします。

欲しい商品をカートへ入れる

商品を検索したり、カテゴリ内に目的の商品を見つけたら
その商品をクリックして、商品の詳細ページへと移動します。
そこで、商品の成分だったり価格や量などをきちんと確認しておきましょう。
また、まとめ買いなどを行うとディスカウントされることもあります。
目的の商品を輸入する数が決まれば、数を指定して「カート」や「買い物カゴ」へと入れます。
カートや買い物かごへ商品を入れる方法は「カートへいれる」「買い物カゴへ入れる」といったボタンがあるのでそちらを利用します。
カートへ商品を入れた段階では、まだ商品を購入したことにはなりません。
普通のスーパーやコンビニで商品を購入する時をイメージしてもらうとわかると思います。
カートへ商品を入れた後、多くの場合、自動的にカート画面に移動します。
他に合わせて商品を輸入しようと考えている場合は、改めて目的の商品を検索して同様にカートへ入れましょう。

輸入する商品を確定する。

輸入する商品を全てカートへ入れた後は、カートページから「オーダーへ進む」「レジへ進む」といったボタンで商品購入の確定を行いましょう。
商品を確定しても、これでまだ商品が届くわけではありません。

配送先の指定と支払いの方法を決定する

次に、配送先となる情報の登録や支払い方法を決定をします。
主に必要になるのは、氏名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス等です。
基本的に、この際、住所や氏名を間違えてしまうと薬を届けてもらうことができないので注意しておきましょう。
また、メールアドレスに関しても商品の注文完了等のメールが届くケースがあるので受信拒否の設定などは見直しておくとよいでしょう。

支払方法に関しては、それぞれの利用するサイトによって取り扱う方法が違っています。
銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ払い、ペイジー決済などなど様々な種類があるので
自分が使いたい決済方法を選んで選択しましょう。

指定した支払方法で代金の支払い

支払方法まで確定した後は、商品価格の料金を指定した方法で支払います。
個人輸入代行サービスの方で支払いを確認してもえると、薬を発送してもらえます。
ここまでくると、後は商品が到着するまで待っているだけです。

商品が届くのを待つ

普通の通販サイトなどと違って、個人輸入代行は海外から医薬品を輸入して使うサービスになるので
商品が手元に届くまでの時間が全然違っています。
通常のネット通販であれば、早ければ注文したその日に届いたりする時代ですが、輸入の場合は
1~3週間もの時間が必要になるので気長に待ちましょう。

上記のステップを踏むだけで、指定した場所へと低用量ピルを届けてもらうことができます。
難しいように見えても、実際にやってみると非常に簡単ですし
配送先の指定で必要になる住所や氏名は会員登録などを行う事で飛ばすことが可能になるので
2回目の利用から更に簡単に低用量ピルを輸入することができるようになります。

 

通販であって通販ではない!?

個人輸入で注文した女性低用量ピルは通販で購入することができるようになっていますが、正確には通販ではありません。

ネット通販サイトと同じ感覚や手順で使えますが、正確には「個人輸入代行」と呼ばれるサービスで

海外の製薬会社から直接商品を輸入するのを代行してもらうサービスとなっています。

 

通販とは違いますが、通販感覚で利用できるので、一応違うサービスであるというのは知っておくとよいと思いますが、

面倒なら通販でも問題ないと思います。

 

では、通販でなくて個人輸入代行である理由はあるんでしょうか?

その理由は非常に単純です。その理由というのが、医薬品は医師の処方なく販売することはできません。

ですから通販で医薬品を取り扱うことは、そもそも違法なのです。

通販と個人輸入代行の決定的な違いはここにあります。

まとめ

なかなか病院で処方してもらうのが恥ずかしい、面倒、時間的な余裕がない。

そうした時は一度個人輸入代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です