低用量ピルはネット通販で買うのがとってもおトク!そのワケとは?

処方箋が必要なお薬

ネットで購入する確実な避妊ができ、生理痛も緩和される、ニキビも解消されるという素晴らしい効果を持つ「低用量ピル」。知れば知るほど欲しくなった方もいるのではないでしょうか。

…でも、どこで買える薬なの?

そう疑問に感じた方も居るでしょう。とりあえず薬局へ行ってみたものの置いていなかったという経験もあるかもしれませんね。

低用量ピルは処方箋が必要なお薬なので、薬局やドラッグストアには置いていません。
必ず、医師の診察を受け、処方箋を貰わなければ手に入れることができないのです。当然、そうなれば病院へ行かなければなりません。

それを知ると「ちょっと面倒かも…」と思うかもしれませんが、きっとこれからの生活や体の負担が減るので重い腰を上げて病院へ行きましょう!

何科に行けばいいの?

女医病院へ行くとピルをもらえるというものの、一番近くにある内科でもいいのか?というと、そうではありません。基本的にどこの診療科でも医師に処方してもらうことは可能なはずなのですが、現実では処方している診療科は限られています。

では、どこの診療科へ行けばいいのか?
それは、産婦人科婦人科です。

ただ、各病院によって考え方が異なりますので、全ての産婦人科や婦人科でピルを処方しているわけではありません。
せっかく診察を受けたのに処方してもらえなかった…ということにならないように事前に処方可能かどうか確認しておくことをおすすめします。

電話が恥ずかしい場合には、ホームページで確認し、情報が記載されていない場合にはメールで問い合わせると良いでしょう。

診察の流れ

1、持ち物確認

病院へ行くときには、健康保険証とお金は必須です。ピルの処方は保険が適用されませんので全額自費となりますが、検査によっては保険が適用される場合もあります。そのため、念のため健康保険証を持っていくようにしましょう。

2、予約

病院によって予約は受け付けていない場合もありますが、事前に初診受付ができる場合があります。ネットから予約できる病院であれば待ち時間を短縮できます。

3、受付け

受付では問診票を渡され、待ち時間に自分の基本情報を記入します。そこには服用中の薬名を書く欄もありますので、服用中の薬がある場合には忘れないようにメモしておきましょう。

4、問診

問診では、問診票に記入した情報を元にいくつか質問されます。聞かれたことには正直に答えましょう。

5、検査

血液検査、子宮がん検査、尿検査などが行われます。病院によって行われる検査内容は異なりますので、検査費用もバラバラです。

6、指導

ピルの服用にあたって、指導が行われます。正しい服用方法、気を付けたい飲み合わせ、必要に応じて生活習慣指導も行われます。

7、処方

ようやくピルが処方されます。院内処方なら会計と一緒にピルが処方されます。院外処方の場合には処方箋を持って近くの調剤薬局へ行ってピルを受け取ります。

気になる金額は?

ピルは保険が適用されませんので、費用は高いです。

薬代、初診料、指導料、処方料、検査料などの費用が必要となり、合計で8,000円前後の金額になる事が多いです。もちろん、この金額は相場なので、この金額よりも安く低用量ピルを処方してくれる病院もあります。

病院へ行きたくない場合には?

スマホで通販サイトから購入する女性低用量ピルを処方してもらうために病院へ行かなければいけないことは分かっていても、避妊のために病院へ行くとなれば多少抵抗を感じるものです。
でも安心してください!病院へ行かなくてもピルを手に入れる方法があります。

病院へ行かずにピルを手に入れる方法は「個人輸入代行」です。
個人輸入代行は、通販のようにネットを利用して商品を取り寄せる方法になります。利用方法も通常の通販と変わりませんが、海外から商品を輸入するので個人輸入となります。

個人輸入代行サイトは、個人輸入の面倒な手続きなどを全て代行してくれるサイトのことです。
本来、個人輸入をするとなれば、全て外国語表記の商品を探し、現地の人とコミュニケーションをとって購入手続きをします。また、その商品が正規品なのか?本当に安心して使用できるものなのか?自分で調査する必要があります。

ただ、個人輸入代行サイトを利用することで、自分が直接現地の人とやり取りする必要はありませんし、サイト内もすべて日本語表記なので、商品について理解できます

さらに、個人輸入代行サイトは全体的に商品の価格が安いです。日本では認可されていない薬も多く、ジェネリック医薬品も豊富にあるので、より自分に合った商品を見つけることができます。

個人輸入は違法じゃないの?

パソコンから通販サイトで購入する女性ピルは本来処方箋が必要な薬なのに、個人的に買って大丈夫なの?

個人輸入代行を利用したことのない方からすれば、当然そのように感じるでしょう。
ただ、日本の薬事法で個人輸入は認められています。もちろん、個人輸入をするにはルールがあります。

そのルールとは、

・個人的な使用に限る

・一度に注文できる量は制限がある

の2点です。

個人輸入や代行サイトを利用しての購入は認められていますが、購入者が使用する分しか購入できません。ついつい、安いので家族や友だちの分も注文してあげようと思うかもしれませんが、個人輸入代行で購入したものを他人に譲渡したり、転売したりする行為は禁止されています

また、一度に注文できる量も決まっています。
基本的に医薬品は2ヶ月分までですが、外用剤は1品目24個まで、毒薬・劇薬・処方箋薬は1ヶ月分までと決められています。

基本的なルールさえ守れば問題なく利用できますので、個人輸入代行サイトとはどういったサイトなのか?一度覗いてみても良いでしょう。

病院VS個人輸入代行

病院でも個人輸入代行でもピルを手に入れることができるとなれば、どっちで買うほうがいいのでしょうか?
ここでは、項目別に優れている方をご紹介します!

時間がかからないのは…「病院」!

病院へ行けば、薬がほしい!と思ったときに行けば当日中に手に入れることができます
とくにアフターピル(緊急避妊薬)が必要なときにはタイムリミットがあるので病院がオススメです。
ただ、土日祝日、年末年始などは診察していないので気を付けなければなりません。
ちなみに、個人輸入代行の場合には注文してから1~3週間程度で届きます。

安く手に入るのは…「個人輸入代行」!

圧倒的に個人輸入代行で購入するほうが安いです。
例えば、ヤーズであれば病院で約3000円、個人輸入代行で2700円、マーベロンであれば病院で約3000円、個人輸入代行で1300円です。
もちろん、病院によっても金額は違いますが、通販であれば診察料や検査料なども必要ないのでかなり節約できます

手間がかからないのは…「個人輸入代行」!

個人輸入代行は通販と同じようにして商品を購入できます。
つまり、ネット環境が整っていれば時間も場所も関係なしに購入できるということです。
病院での待ち時間もないですし、わざわざ病院へ行く手間も省けるのでかなり便利です

恥ずかしくないのは…「個人輸入代行」!

避妊薬を手に入れるために病院へ行くとなれば、少なからず女性は抵抗を感じます。
医師によっては避妊反対!という方もいるのでいい顔をしないこともあります。
しかし、個人輸入代行を利用すれば、誰にも顔を見られずピルを購入できます
郵便局留めもできるので、身近な人に知られることもなく商品を購入できます。

初めてで心配な方は…「病院」!

個人輸入代行は自分の意志でピルを選び、購入することができます。
しかし、ピルの服用方法や服用時の注意などを自分で調べなければなりません。
病院であれば、医師から服用方法や服用時の注意点など詳しく説明してくれます。ので安心して試せます。

総合的に優れているのは「個人輸入代行」です
ただ、病院にも個人輸入代行にもメリット・デメリットがあります。
どちらも上手く使いこなせば、経済的にも時間的にも余裕が生まれ、安心してピルを服用できます。

おすすめの購入方法は…

最初は誰だって不安に感じます。どうやって飲めばいいのか?自分にはどんなピルが合うのか?わからないと思いますので、最初は病院で処方してもらうと良いでしょう。

2回目以降は、個人輸入代行サイトを利用して購入できる分だけまとめ買いをしておくと良いでしょう。

また、ピルを服用中の方は少しでも安く手に入れるために個人輸入代行へ切り替えても良いでしょう。基本的にピルの種類が違っても飲み方は同じなので、心配することなく色んな種類を試せます。

おすすめの低用量ピルは?

低用量ピルはいろんな種類があってなにがいいのか分からない!!そんな女性たちのために、ここでは2種類の低用量ピルをご紹介します。

どちらもピル初心者におすすめの商品なので、安心して始められます。

トリキュラー

日本国内で処方されている人気のピルで、トリキュラーは三相性ピルの一種です。
一相性ピルは全てのホルモン含有量が一定ですが、三相性ということで含有量が徐々に増加しています。徐々にホルモン量が変化していることで、体に負担をかけません。
トリキュラーには21錠タイプと偽薬セットの28錠タイプがあります。

日常的に使用するなら「低用量ピル」

オススメの低用量ピル

トリキュラー

トリキュラーを購入する

実際にトリキュラーを服用している方の口コミ

28歳女性

28歳女性彼氏がコンドーム嫌いだったので、3年前からトリキュラーを飲んでいます。2年間は病院で処方してもらっていたのですが、友達が通販で安く買えると教えてくれたので、1年前から通販で購入しています。実際に金額が3倍くらい違って、病院で買っていたのを後悔しています…(笑)
トリキュラーを飲み始めて1ヶ月は少し気分が悪くなることもありましたが、2ヶ月目以降はまったく副作用を感じなくなりました。
当時の彼氏とは別れていますが、今でも欠かさず飲んでいます。ピルは毎日飲まなければいけないということで飲み忘れも心配でしたが、もおう毎日の日課になっているので忘れることはありません。

34歳女性

34歳女性かれこれトリキュラーを飲んで5年になります。最初は病院で購入し、それ以降は個人輸入代行で買っています。トリキュラーを飲むまでは大人ニキビや生理不順などの悩みがありましたが、今では肌の調子も良くなりましたし、生理もきっちり来てくれます!
副作用は飲み始めの頃感じたような気もしますが、今ではなにも感じません。
最初は避妊目的で買ったのですが、今では女を磨くために買っています!急に飲むのをやめたらどうなるのか…少し不安でやめられません。。。

29歳女性

29歳女性正直、はじめは副作用の覚悟をしておいたほうがいいと思います。以前は一相性のマーベロンを飲んでいたのですが、そのときはとくに副作用はありませんでした。ただ、三相性のトリキュラーにしたら最初の1ヶ月間は吐き気との戦い…、ただ、1ヶ月を過ぎるとピタリと症状がなくなりました。今もトリキュラーを飲んでいますが、マーベロンに戻すかどうか考え中です。

日常的に使用するなら「低用量ピル」

オススメの低用量ピル

トリキュラー

トリキュラーを購入する

ヤーズ

現在最も新しいピルで、低用量ピルの中でもホルモンの含有量が最小限に抑えられています。そのため、副作用が起こりにくいです。また、通常の低用量ピルは休薬期間が7日なのに対してヤーズの休薬期間は4日です。

避妊を目的に服用される女性も居ますが、肌荒れ改善や生理トラブルの解消効果を期待して服用される方が多いです。

実際にヤーズを服用している方の口コミ

23歳女性

23歳女性2ヶ月前に通販でヤーズを購入して毎日ちゃんと飲んでいます!まだ妊娠したくないという思いからピルをはじめました。ピルは副作用がすごいということも聞いていたのですが、ネットでヤーズは副作用がほとんどないと書いていたので、こちらを選びました。
本当は病院へ行くのがいいと思いますが、どうしても行きたくなくて…ネットで買いました。ただ、しっかりと注意事項や飲み方を調べたので、問題なく続けられています。本当に副作用がないし、口周りにあったポツポツにきびも消えました!

36歳女性

36歳女性35歳以上の人はピルを飲むと血栓症になりやすいと言われていましたが、毎日ウォーキングをして、食事にも気を使っているのでむくむこともありません。とくに副作用という副作用は感じませんし、今まで辛くて仕方なかった生理痛も感じなくなって本当に助かりました。

27歳女性

お恥ずかしいことですが、ピルの存在をつい最近知りました…。わたしは昔から生理不順で、生理があるときは生理痛がひどくて毎回嫌になっていました。でも、友達にヤーズを教えてもらい、大げさかもしれませんが人生が変わりました!!生理も毎月来てくれますし、生理痛も少し痛みを感じるくらいです。彼氏は居ないので妊娠の心配はもともとありませんが、悩みを解決しながら避妊もできるなんて素晴らしいと思います。

こちらで紹介しているトリキュラーとヤーズは病院でも個人輸入代行でも取り扱っています。人によって体質は違いますし、ピルとの相性も違います。
そのため、自分には合わないな…と感じたときは病院へ行って一度相談をしてみると良いでしょう。